川越

さいたまの医療について

さいたまの医療環境はどうなっているのでしょうか。子どもがいるファミリー世帯、あるいは高齢者世帯にとって医療環境の充実は日常生活を送る上で非常に重要なポイントとなります。さいたま市は全国平均に比べると高齢者の数が少なめですが、それでも万一の時に備えた医療環境の充実度合いは住みやすさを判断する材料となるはずです。

 

さいたま市の病院の数を見てみましょう。人口1万人あたりの一般病院の数は0.69施設。これは関東エリアを対象とした239エリアのうち43番目の数字となります。こうしてみるとそれなりに充実した環境にあるといってよいでしょう。一方、一般診療所に関しては人口1万人あたり5.93施設。こちらは239エリア中139番目。真ん中よりもやや下となっています。治療を受ける選択肢としては病院の方が適していることが窺えます。なお、さいたま市の中核となる医療機関としては、さいたま総合病院、埼玉県済生会病院が挙げられます。とくにさいたま総合病院は2011年に幸手市から移転してきたばかりで今後のさいたま市における医療の中核として期待されています。呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、腎臓内科、神経内科など内科関連の診療科が充実しているのが特徴です。

 

ちなみに歯科診療所の人口1万人あたりの数は5.10施設。こちらはに239エリア中88番目のランクとなっています。

 

こうしてみるとさいたま市の医療はそれなりに充実していることが窺えます。住んでいる区域にもよるでしょうが、万一の時に駆けつける病院・診療所を確保できる環境にあるといってもよいのではないでしょうか。


風俗さいたまデリヘル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/